読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

辣油の四方山記

現代を生きる若造の主に読書記録。その他の事も書くかもしれない。

#7 「栽培植物と農耕の起源」感想

読書感想文

f:id:sykykhgou:20160324015323j:image中尾佐助『栽培植物と農耕の起源』 岩波新書

殆どいないに等しい当ブログ読者の皆さん、更新の大幅な遅れが観測されたと思いますがそれは幻ですよ幻。気にしないでくださいね。なんか新書になった途端遅くなったんですよね。読むのが。今回は多少学術系の話題でもあるので多分読むスピードと頭の働きが反比例したんでしょう。許してください。

ところで本題に入ります。私は科目でいうと地理が凄い好きなんですね、得意じゃなくて、好きね、これ、重要。今回は農業関係ということで自分が踏み込みたかった領域の一部な訳です。内容の大体としては根菜農耕文化やサバナ農耕文化などで見られる作物の起源などについてですね。少し脱線しますがこの本を読んでる期間にアメ横に行ったんですよ私。そしたら「西米」という食材が売っていたので、グー○ルで調べたんです。そしたらその西米というのは今回の本に載っていたサゴヤシという樹内にデンプンを溜め込む木を加工した物だったんですね。しかもそれによって作られる食料がタピオカっていうもんだから驚きの連続でしたよ私。アメ横センタービル地下でまさかの3つの点が繋がって線になったんですね。一人で携帯弄りながらニヤついてましたけど。
こういう感じの本て知識を得て考えるだけだから感想とか「ああ、知れて良かったな」程度しかないと思うんですよね。ということで今回はこの辺で。