辣油の四方山記

現代を生きる若造の主に読書記録。その他の事も書くかもしれない。

2016-03-29から1日間の記事一覧

#10 『明日』感想

魯迅『阿Q正伝・狂人日記』 岩波文庫 今回も魯迅「明日」という作品です。この作品では病気になってしまった宝児という赤子とその母親の単四嫂子の所謂シングルマザー家庭の話が主になっています。この家庭というのはかなり生活に苦しい状態であり、母親は常…

#9 『薬』感想

魯迅『阿Q正伝・狂人日記』 岩波文庫 今回も魯迅の作品です。これは全く有名ではないですよね。しかし魯迅の作品というだけあって「狂人日記」と根源にあるものは同じです。儒教社会に対する憤り、反発ということですね。おおまかなストーリーとしては、肺病…

#8 『狂人日記』感想

魯迅『阿Q正伝・狂人日記』 岩波文庫 前回の更新遅れを取り戻すが如く更新の早い今回は魯迅の「狂人日記」です。魯迅といえば「漢字が滅びなければ中国は滅ぶ」という言葉を残した話が有名ですがその意味を私が理解するにはまだ早そうですね。歴史上日本に最…